お好きなSNSに拡散してもいいのよ?

【埼玉の植民地】ピンクでチャイナな「池袋駅北口」のDQN仕様風俗街

埼玉の植民地と呼ばれる事も多い池袋の中でも、もはや中国の植民地と化している池袋駅北口の繁華街だが、一方で風俗店密集地帯として東京じゅうのスケベオヤジが群がるピンキーな土地でもあるのだ。

中国食材「陽光城」からも程近い所に入口がある「西一番街」は池袋北口界隈で最も繁華街らしい景色を見せる一帯。中国人も多いがもっぱら見かけるのは単独行動の男ばかり。ちょっとヤサグレ気味な雰囲気がする。

昼間はそれほどでもないが日が暮れると西一番街の入口には風俗店への客引きがやたら出没する。そのため「悪質な客引きはすぐ110番」の警告文が西一番街のアーチの土台に書かれているのだがボコボコに壊されていて殺伐モード。

隣り合う中華街とは打って変わって、西一番街に入ると左手すぐの場所に「池袋演芸場」が見える。ビルの一角に収まっているので随分目立たないが、東京では数少ない現役の落語寄席の一つとなっている。

池袋自体繁華街としては戦後の闇市から栄えた後発組で格下にあたり、戦前は花街のあった隣の大塚の方が格上だったのだ。池袋演芸場は落語寄席の中でも上野の鈴本演芸場や浅草の演芸ホール、新宿の末廣亭と比べて客の入りが悪い事で有名らしく、やはり格下扱いされてきた。

そんな場末的扱いを受けてきた繁華街らしく、西一番街を歩き回るとこれでもかと見かける胡散臭い店の数々。無料案内所もあればひざまくら耳かきもある。2階のアジアリゾートという店は最近池袋で流行りの洗体エステ店だ。

この風景を見ていて思うのだが確かに池袋の西一番街は歌舞伎町にも浅草にも成り切れない中途半端な繁華街というイメージが漂っている。道行くメンツはどいつもこいつも中途半端なメンズばかり。空気は昼夜問わず澱みきっておりダウナー系の街並み。

そして繁華街の奥に行くとひときわ目立つピンク色の外壁を持つレトロチックなコンクリート建造物が現れる。戦後の闇市時代からこの土地でアミューズメント空間を提供してきた「ロサ会館」である。

「ロサ」はスペイン語で薔薇の意味であり外壁のピンクも薔薇をイメージしている上、屋上の看板には薔薇のマークまである。終戦直後の昭和20(1945)年に開かれた映画館が原点で、今のロサ会館ビルは昭和43(1968)年に完成している。

現役で築40年オーバーのロサ会館もさすがに古臭さが否めず、やや雑居ビル臭くなってはいるが映画はもとよりボウリング場やテニス場、漫画喫茶やら居酒屋、キャバクラまで幅広いジャンルの娯楽ビルと化している。

ロサ会館の前を南北に貫く道幅の広い通りは西一番街ではなく「ロマンス通り」と呼ぶらしい。雑多でピンクな店舗構成を見てる限り全然ロマンスもへったくれもないんですが池袋だからしょうがない。

そしてロマンス通りにも男の欲望を飲み込まんとばかりに待ち構える無料案内所の店舗が…ここで言う「ロマンス」とは男の為のロマンスなのかも知れない。

ロサ会館近くの路地に入ると、やはりソープランドがあったりなんかして、なるほど如何わしい訳でございます。

財布の中身が寂しくなったら質草を預けられるお店も充実している。池袋は「質屋の街」としても有名でセキネやクラタセブンをはじめ数多くの老舗質屋が軒を連ねており毎年6月には「いけぶくろ質屋まつり」が開催される。宵越しの銭は持たない江戸っ子気質な遊び人にはお勧めの貧民歓楽街、それが池袋だ。

>2ページ目を読む