お好きなSNSに拡散してもいいのよ?

西日本を代表するゲイタウン!大阪「堂山町」をうろうろハッテン街歩き

大阪の二大繁華街、キタとミナミ。キタはよそいきでやや上品、ミナミは地元向きでやや下品といった大雑把な棲み分けがされているようだが、梅田の東側、阪急東通商店街などが広がる堂山町や兎我野町の辺りは風俗街やラブホ街やらゲイタウンやら、やたらピンクな物件が目白押しの大阪デフォルト的な歓楽街。

2004年には通りすがりに因縁を付けられた男性がDQNヤンキー3人組に集団リンチに遭い殺害される事件(→詳細)があり、被害者がIT起業家ということもあって当時のネットニュース界隈では大きく伝えられ記憶に新しいのだが、キタの中でも堂山町付近はミナミに匹敵する危険な繁華街だという認識がある。

なにわともあれキタでハメを外すなら堂山町界隈だとの事なので、街を探索しに出掛けてみようという事になった。堂山町への入口となるのがこの「泉の広場」。

大阪が地元のオッサンオバハン以上の世代であれば「梅田地下街泉の広場を上がったところ。はぎや整形(残響音あり&中略)」などというナレーションの美容整形外科のテレビCMを殆ど誰もが知っているであろう。あの「泉の広場」である。

昔の記憶では何だか小汚い印象だったが近年改装したらしく随分綺麗になってしまった。

歓楽街堂山町への入口となる泉の広場周辺は昔からラブホ街を利用するカップルに加えゲイのカップルや出会い系サイトによる不純交遊などの待ち合わせ場所として重宝がられていて時間帯によってかなり怪しげなメンツがこの場所で待ちぼうけている姿が見られる。

泉の広場の前には「環境浄化推進中」の横断幕が貼られ、一応交番も併設されていて健全さを装っているが、この場所は昔から「赤い女の霊が出る」といった妙な都市伝説も流されたりして色々曰く付きのミステリースポットなのだ。

首都東京を差し置いて日本最大と言われる梅田の地下街も泉の広場あたりで終点。ここからは地上に登って行く。するとそこが堂山町だ。

堂山町内一帯に広がる商店街は阪急梅田駅前から続く「阪急東通商店街」のうち、アーケード付きの阪急東通第2、東通第3、東中通、それにアーケードのついていない「パークアベニュー堂山」の4つに分かれる。

パチンコ屋やら居酒屋やらに混じっていかがわしさを匂わせる風俗店やキャバクラ、ガールズバーといった夜の店がのっけから看板を連ねている。昼間の、しかも年末年始にやってきたので開いている店も人通りも少ないが、どこを見回しても完全に歓楽街化しているのを見ても夜の方が賑やかそうである。

昼間からでも怪しいネオンがチラチラ輝く商店街。もとから堂山町は梅田繁華街東側の辺縁部にあり昔から歓楽街の要素が強いエリアだった。

大阪経済が華やかだった昭和の時代には割と上品めなクラブだの料亭だのが多い地域だったがバブル崩壊後の地盤沈下で高級店は軒並み撤退、街並みは一気に大衆化(DQN化)して安っぽいガールズバーやピンサロなどが軒を連ねるようになった。

最近では2007年に場外舟券売場「ボートピア梅田」が阪急東中通商店街の北側にオープンしてギャンブル親父密度も上昇。すっかり飲む打つ買うが三拍子揃った貧民仕様の歓楽街に姿を変えようとしている。

特に東通第三商店街アーケードはとりわけ酷いDQNっぷりを晒している。アーケードの上から垂れ下がってる店の広告が凄い。風俗店かキャバクラかエロDVD屋か個室ビデオ店しかない状態。ある意味現在の大阪における文化レベルの変貌を物語る壮絶な風景である。

>2ページ目を読む