お好きなSNSに拡散してもいいのよ?

中国地方屈指!広島市「薬研堀」のソープランド街を歩く

広島を代表する歓楽街・流川地区の一角、広島市中区薬研堀には中国地方屈指のソープ街がある。沢山の人々が夜遊びに励む流川通りや薬研堀通りのすぐ隣に位置するのでその流れで一発かましてしまえと行けてしまう距離にある。

薬研堀のソープ街は東京吉原や神戸福原の例など他地方のそれと共通するように元々は遊郭地だった場所が戦後の売防法施行後にそうなったケースの一つのようで、この近くの弥生町や平塚町あたりがかつての東遊郭だったという経緯がある。

「中国地方最大」とは言うものの、それは中区薬研堀のごく一部に固まって存在していて規模で言うなればおよそ10軒程だろうか。そんなに大きなものでもない。関西、東海や九州が派手過ぎるので、それと比べれば期待する程のものは見られない気がする。

例によってこの手の街並み探索は早朝の静かな時間に行うべきだとのセオリー通りに見て回っているのだが薬研堀の店は朝9時とかから営業する所もあるし昼以後は客引きのボーイが常時待機していて油断も隙もなくなる。該当地区付近は人通りもまばらだし基本的に通行人も男しか居ない。いつ来てもきな臭い感じがする。

そしてソッチ系の店には必ずある「空港系」スチュワーデス。看板が如何わしい形の飛行機になってますよ。今更気づいたがヘルスに転業してると思しき店が結構多い。広島でも締め付けが厳しいんでしょうか。

でも一部にはまだ重厚な店構えの本格派な店舗も残っているっちゃ残っている。バブル期のノリを彷彿とさせますよねこのへん。今だと高級店扱いでしょうかね。

しかし所謂高級店らしきものでも料金相場はこんなもん。まあ広島の物価ですからね。

全体的に見回してみるも昔からあるこういった店の数々は総じて地味である。変な演出とかは一切なし。本当にどこかの社員の女子寮と勘違いしてしまいそうには…ならない。

広島だったら新幹線で中洲やら熊本やら福原やらすぐ行ったり出来るからな。そういった事情もあってか広島の立ち位置は微妙で、最近では無料案内所で過激なサービスを謳いすぎて摘発される店もあるらしい。例えばこの店とか。

逆に新しい店は店構えが総じて派手でDQN風味満載といった対照的な光景が同じ場所で見られる。オッサンは前者の高級店へ、若い奴らは後者の激安店へ、という世代格差でしょうかね。

今やデフレの波もこの業界にまで隙間なく襲ってきている訳で、割と真新しいそうな店の殆どが激安をウリにした所ばかりとなっている。最近の広島の男どもは遊びにもお金を掛けたくないのだ。

ひたすらお安さをアピールしている店。小さな字で「サービス料は別途」と書かれていて笑える。こういうオチ多いよね。某漫画喫茶が「男性は200円」とこっそり書くのもこれと同様のケチ臭い手口。

凄く安っぽい店構えで大丈夫なのかと思うような所が薬研堀には多い。本当にこの値段ポッキリでも同じ金を出すなら広島第一劇場の方が楽しめるかなあ。個人の勝手だけど。

そして希持余暇(きもちよか)って何故そこで博多弁…それ以前に何の店なんですかここ。大丈夫かこの街は?!

なお広島薬研堀では恐らく平成の日本ではこの土地でしか通じない「マントル」という業態の店が幅を利かせていて、この界隈では夜になると客引きのボーイに加えてポン引きババアが出没するらしい。それが広島におけるソッチ系の店舗がいまいち存在感に欠ける理由の一つでもあるのだが、広島ではマントルの存在が遊郭の歴史を今に引きずっているのか…

あまり掘り下げてマグマでも湧きだしたら危ないのでこのへんでやめとく。遊びは程々にしてそろそろ弥生町の東遊郭跡でも見に行く事にするか。