お好きなSNSに拡散してもいいのよ?

韓国人とタイ人の連れ出しスナックだらけで無法地帯と化す信州最強アングラ温泉街「戸倉上山田温泉」 (全2ページ)

表向き教育県と言われる長野県は、健全で頑なな風土が強いとされている。条例でソープランドの新規出店が認められておらず、県内の風俗事情はアンダーグラウンド化している事も長野独特だ。いくら法で規制しても人類最古の職業は売春婦だし、需要と供給がある限り、人類がいる限り、欲望の捌け口が無くなる訳がない。

6-137.jpg

そんな長野県で最大級のアングラ裏風俗地帯と化していると噂される場所が、長野市の南20キロにある千曲市(旧更埴市・上山田町・戸倉町の合併で2003年成立)にある「戸倉上山田温泉」だ。

6-170.jpg

県内有数の大温泉街として名を馳せる土地で、長野県内はもとより他地方からも多くの旅行客(会社の慰安旅行が多い)が訪れる場所だ。しかし多くの旅行客がこの場所を訪れる目的は湯治ではなく「女遊び」だと言われる、かなり曰く付きの温泉街でもある。

6-169.jpg

温泉街の中に夥しい数の「連れ出しパブ」が存在し、夜な夜な男と女のやりとりが繰り広げられる。昔ならよくある話だったのかも知れないが、近年こうした場所はめっきり減りつつある。しかし昼間訪れて街の表側だけを見ていても、ただの鄙びた温泉街以外の何者にも見えないはずであろう。

6-172.jpg

厳密には戸倉上山田温泉は2つの温泉街が近接し一体化しているもので、戸倉温泉と上山田温泉のうち、そうしたいかがわしい行為が行われているのは上山田温泉の方である。

連れ出しスナックで働いているのは概ね韓国人かタイ人、もちろん売春行為も行っている、さらに不法滞在者もいて、本国からほぼ文無しで日本に渡ってきたタイ人女性が借金のカタに身売りされて上山田温泉にやってくる。つまり端からこの土地はそういう場所なのだ。

6-136.jpg

そんなアンダーグラウンドな裏事情がありながらも、街並みは表向き平静を装っている。タイと日本を行き来する国際人身売買組織のブローカーがこの街で暗躍していようとは、傍目から見ると気付く事はない。

6-132.jpg

さすがに信州最大級の温泉街という事で端から端まで歩くとかなりの規模だという事は分かるが、外国人だらけの胡散臭いナイトスポットは上山田温泉の一画にある「新世界通り」を中心に広がっている。

6-134.jpg

新世界通りに一歩足を踏み入れると、そこは昭和の時代から止まったままかよと思うような地方の鄙びた温泉街の盛り場といった風情が満開である。素晴らしい。これでこそザ・温泉街である。道沿いに並ぶ店はみな怪しげなパブばかり。まだ日が暮れる前で、あまつさえ夏祭りの日にやってきたのかして人通りは少ない。

6-135.jpg

この新世界通りに面して「高美」という老舗の風格全開のホテルがある。この周辺も祭りの神輿置き場と化していてにわかに騒がしい。このホテルの一角に「無料案内所」と書かれたいかにもな佇まいの小屋が置いてある。

6-138.jpg

付近の路地に入り込むと、どこを見回してもスナックだらけという状態に変わる。これが上山田温泉における色街のメインコンテンツ。日が昇っているうちは大人しいが、これが夜になると辺り一面客引きの外国人立ちんぼホステスだらけとなる。

6-152.jpg

とある艶めかしい看板を掲げるパブ。お店の屋号まで「ダーリン」ですもんね。気恥ずかしくなってしまいそうです。

6-153.jpg

そんなスナック街に囲まれて古い射撃場の建物がある。温泉街に射撃場、それに場末感極まるスナック。昭和の温泉街の三点セットが見事に揃っている。

6-139.jpg

スナック街の中には「連れ出しスナック」として営業する店舗も少なからずあり、客とホステスが一通り飲み終えた後は追加料金でホテルに直行というわかりやすい流れで事に至る訳である。

6-140.jpg

夜な夜なそんな血生臭い日常が繰り広げられているのかと思うとちょっと怖い気もするが、昼間のスナック街は至って平和そのもの。猫も気持ちよさそうに昼寝してますね。

6-158.jpg

すっかり鄙びまくっている温泉街以上に勢いを感じるスナック群の数々。信州最強の噂は確かなようだ。条例で風俗店の出店を厳しく規制している長野県特有の事情がこの土地に裏目に出ているようだ。

6-144.jpg

半ば廃墟同然で放置されている飲食店の建物も残っていて、温泉街の寂れっぷりは否めない。
だが一方で韓国人系のスナックに限るとやたらピンピンしていたりする。徐々にこの街もコリアタウン化しているようだ。

6-148.jpg

こうした怪しいスナックの店舗もいちいちハングル文字が目立つ。この温泉街で働くホステスの外国人率はかなり高い。それにしても何故日本人のホステスが少ないのか、そのへんも気になる所。

6-159.jpg

上山田温泉のパブを経営する韓国人オーナーの中には無許可での風俗営業や不法滞在者を働かせるなど違法行為に手を染めている者もいる。我々もネタでこの場所をアングラ温泉街と言っている訳ではない。割とマジな話なのだ。

6-151.jpg

スナック街の一画に「ほろよい銀座」と書かれた、まあなんともいかにもなネーミングな居酒屋横丁があった。ここも周囲と同様にスナックだらけ。

6-150.jpg

狭い路地の両側からスナックをはじめ飲食店の看板が頭上に迫る。日本の歓楽街でもあるが、どこかしら東南アジアの場末の歓楽街の風情も感じられる。外国人ホステスで溢れる上山田温泉だからゆえの事であろうか。さしずめ信州のソイ・カウボーイでしょうか。

6-147.jpg

日が落ちるとこの界隈には沢山の男女が色めき立って、いやらしい一夜を楽しむべく俄に恋の駆け引きが展開されている。新宿や池袋あたりの夜の盛り場でもそんな格好は見せないだろうと思う程に人目も憚らず大胆な痴態を見せる男女の姿がそこにはある。

>2ページ目を読む