お好きなSNSに拡散してもいいのよ?

【宇都宮市】オリオン通り裏のソープ街、その名も「江野町しゃぼん玉通り」

宇都宮オリオン通り商店街のアーケードを外れて北側の路地に入ると、そこは栃木県を代表するピンクゾーン、江野町のソープ街となる。中心市街地の一角がごっそり吉原顔負けの状態になっているので笑ってしまう。

21-61.jpg

繁華街の目抜き通りであるオリオン通りもいつしか廃墟通りになるわ宝石店で放火殺人も起こるわと酷い状態になっているが、そのすぐ裏側がソープ街というのも何の因果だろうか。事件を起こした男は放蕩三昧の末、金目当てに犯行に及んだのだが、きっとこの場所でもしこたま遊んでいたのだろうな。

21-63.jpg

宇都宮市江野町、それにオリオン通り南側の宮園町も含めてこの一帯は戦前から北関東随一の花街として名を残してきた場所だった。

他にも宇都宮には中央五丁目(中河原)と県庁西側の本町にある釜川沿いのカフェー街、宇都宮城址南側の河原町にあった宇都宮遊郭などとやたらに色街の栄えた名残りがあるのだ。

そういえば永井荷風の「墨東綺譚」にある玉の井の私娼・お雪も以前は宇都宮で芸者をしていたという話だ。

21-64.jpg

オリオン通りの一本北側の通りがピンクゾーンのメインストリートとなる。なんというアクセスの良さ。それほど広くない路地の両側に、吉原みたく店舗の看板がズラリと並んでいるという格好だ。

21-65.jpg

ソッチ系の店舗がひしめく中を古ぼけた雑居ビルが立ち並ぶ。昭和の匂いを残す「ブルーハワイ」の店舗の隣にある事務所は何の事務所なのか、もはや説明するまでもない。

21-67.jpg

メインストリートは端から端まで歩いてもおよそ100メートル程度。都市の規模と見合わせればせいぜいこんなもんだろうか。車社会の弊害でオリオン通りが寂れていく中で唯一集客力の肝となっていそうな江野町ソープ街。皮肉なものだ。

21-66.jpg

路地には昔ながらの飲み屋やスナックなども軒を連ねているが、周囲の異様な街の様子から素人がひょっこり入って来れるような雰囲気ではない。

21-69.jpg

路地裏にもびっしりソッチ系の店がやたらゴージャスな門構えでお客を待ち構えているのだ。見るからに高級そうですね。

21-70.jpg

隣は本格的な日本の城郭風建築。玄関前にはずらりと石灯籠が並んでいる。36億円かけて綺麗に整備されたパチモンの宇都宮城址よりも風情がありますね(笑)

21-106.jpg

さほど規模がある訳でもないが、このメインストリートに限っては殺伐さが半端ない。各店舗のボーイもしっかり突っ立っているので、前を通るだけでもバッチリマークされてしまう。遠巻きに見る事しかできません。

傍らの空き地にはでかいコインパーキングが。宇都宮も車社会だから中心市街地が空洞化すりゃ当然の理屈である。

21-104.jpg

宇都宮江野町は「環境浄化重点地区」でございますですよ(笑)昼間はボーイしか立ってないけど、夜には怪しげな女性も立ちんぼしていたり、明らかにヤーさんっぽい人相の悪いお兄さんが歩いていたりと香ばしい光景が見られる。

21-71.jpg

そんな宇都宮のピンクゾーン、その名も「江野町しゃぼん玉通り」。なんという単刀直入過ぎるネーミングなのだ。北関東随一の猥雑さを放つ、宇都宮の泡の国にようこそ。

宇都宮本[雑誌] エイ出版社の街ラブ本
エイ出版社 (2014-07-28)
売り上げランキング: 71,631
日本の特別地域 特別編集41 これでいいのか 栃木県
マイクロマガジン社 (2014-04-17)
売り上げランキング: 163,633